グアノシン一リン酸について

グアノシン一リン酸について

男性は当たり前のように勃起を経験していると思いますが、そのメカニズムについて知っている人は男性でもそんなにいないと思います。

勃起は性器の海綿体に血液が溜まることで硬くなることは知られています。陰茎に性的刺激を与えると一酸化窒素が分泌されます。そして、グアノシン一リン酸という物質が形成されます。

このグアノシン一リン酸が海綿体の筋肉を緩ませることで、普段閉められている血管が緩みます。そこに血液が流れ込むと陰茎内の圧力が上がり勃起が起こるのです。

よく、EDになった際に利用されるバイアグラですが、なぜ勃起を促すことができるかというと、このグアノシン一リン酸という物質の働きを助けるからです。この物質は、PDE-5という酵素によって分解されると力を失ってしまうという欠点があります。

そこで、バイアグラの主成分であるシルデナフィルがPDE-5の働きを妨害することで、グアノシン一リン酸が分解されなくなるのです。グアノシン一リン酸の分解を阻止することで勃起機能を正常化にする効果を生み出すことができるということです。

ですので、バイアグラがEDに効果が期待出来るとされているのです。

あくまでも、PDE-5の活動を阻止する事の役割しかありませんので、精力剤の様に精力が増したり、性欲が湧いたりすることはありません。
レビトラバルデナフィルについて

更新記事

その他記事

リンク

管理者